シネマトゥデイ

ヴィタール (2004)

2004年12月11日公開 86分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヴィタール

見どころ

『鉄男』『六月の蛇』などでカルト的人気を誇る鬼才・塚本晋也が放つ、肉体と記憶をめぐる異色のラブストーリー。解剖にのめりこむうちに現実と記憶の狭間をさまよう青年の姿を描き、2004年ベネチア国際映画祭で大絶賛された。主演の浅野忠信が独特の浮遊感、透明感のあるたたずまいはそのままに、鬼気迫る演技を披露。彼と関る2人のヒロインには、バレエ界の新星・柄本奈美とモデルのKIKI。共演に串田和美、國村隼、岸部一徳ら個性派が脇を固めている。

あらすじ

交通事故ですべての記憶を失った医学生の博史(浅野忠信)。やがて解剖実習が始まり、解剖に熱中していくうちに、現実とは異なる記憶を超えた光景が目の前に広がっていく。実習の進行と共に記憶が回復し始めた博史は、自分が解剖している遺体の身元を知り……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

製作・監督・脚本・撮影監督・美術監督・編集
プロデューサー
解剖監修
録音
照明
音楽
エンディング・テーマ

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ゼアリズエンタープライズ
カラー / アメリカン・ビスタ(1:1.85)/ DTSステレオ
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]