シネマトゥデイ

酔画仙 (2002)

2004年12月18日公開 119分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
酔画仙

見どころ

韓国映画で初のカンヌ国際映画祭監督賞に輝いた、『春香伝』の巨匠イム・グォンテク渾身の人間ドラマ。朝鮮末期に貧しい家に生まれ、筆一本で宮廷画家にまで上りつめた実在の天才画家チャン・スンオプの波乱に満ちた生涯を描く。『オールド・ボーイ』の演技派チェ・ミンシクを主演に、韓国映画界の重鎮アン・ソンギ、『ラブストーリー』のソン・イェジンらが共演。激動の時代を再現した重厚な作風、東洋画の美しさを映し出した映像美は見ごたえあり。

あらすじ

朝鮮時代末期、開化派の学者キム・ビョンムン(アン・ソンギ)は、物乞いの子供チャン・スンオプを助ける。預けられた先で働きながら、スンオプ(チェ・ミンシク)は絵の実力を発揮していく。やがて彼は画家としての名声を得、宮廷画家にまで上りつめるが……。

[PR]

映画詳細データ

英題
CHIHWASEON
製作国
韓国
配給
  • エスパース・サロウ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD
(岩波ホール)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]