キャロルの初恋 (2002)

2005年1月22日公開 104分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キャロルの初恋

見どころ

『時間切れの愛』でゴヤ賞(スペイン・アカデミー賞)8部門を受賞した実力派、イマノル・ウリベ監督が描く少女の成長物語。監督は本作で“子供と大人が楽しめる映画を撮る”という、長年の夢を実現させた。名子役のクララ・ラゴは共演のフアン・ホセ・バジェスタとの相性も抜群で、成長期の少女の心の揺れを見事に表現してみせた。スペインとポルトガルで撮影された美しい自然を背景に、みずみずしい初恋の思い出がよみがえる。

あらすじ

1938年、12歳のキャロル(クララ・ラゴ)はニューヨークから、母(マリア・バランコ)と内戦中のスペインにやって来る。彼女は母の生まれ故郷の村で腕白坊主のトミーチェ(フアン・ホセ・バジェスタ)と親しくなる。

[PR]

映画詳細データ

英題
CAROL'S JOURNEY
製作国
スペイン
配給
  • 東京テアトル/ポニーキャニオン
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル
(シブヤ・シネマ・ソサエティ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]