シネマトゥデイ

Jの悲劇 (2004)

2005年11月19日公開 101分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

映像化不可能と言われたイアン・マキューリアンの小説「愛の続き」を、『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッチェル監督が映画化したサスペンス作品。「恋愛の精神病」と呼ばれるド・クレランボー症候群を題材に、永遠の愛について問う衝撃作。次第に精神のバランスを保てなくなる男を演じたダニエル・クレイグのほか、サマンサ・モートン、リス・エヴァンスなどイギリスを代表とする演技派俳優らの名演が光る。

あらすじ

ロンドンに住むジョー(ダニエル・クレイグ)とクレア(サマンサ・モートン)は、ある日衝撃的な事故を目の当たりにし、その場に居合わせたジェッド(リス・エヴァンス)という男と知り合いになる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
ENDURING LOVE
製作国
イギリス
配給
  • ワイズポリシー
(シャンテシネ)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]