シネマトゥデイ

ライディング・ザ・ブレット (2004)

2005年7月23日公開 99分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ライディング・ザ・ブレット
(C) 2004 ApolloProMedia GmbH & Co. 1. Filmproduktion KG, ApolloProMedia GmbH & Co. 2. Filmproduktion KG, ApolloProMedia GmbH & Co. 3. Filmproduktion KG, and Motuon Picture Corporation of Europe GmbH

見どころ

モダン・ホラーの帝王スティーヴン・キングの短編「ライディング・ザ・ブレット」を、キングの盟友ミック・ギャリス監督が映画化した作品。出演は『ダンシング・ハバナ』で注目されたジョナサン・ジャクソン、『プール』で男性を翻弄するサイコを演じて注目されたエリカ・クリステンセン。キングが自身の臨死体験を投影しただけあり、リアルな恐怖が全編に漂う。

あらすじ

自殺未遂を起し、恋人のジェシカ(エリカ・クリステンセン)と別れた21歳の画学生・アラン(ジョナサン・ジャクソン)は、脳卒中で倒れた母・ジーン(バーバラ・ハーシー)を見舞うため、ヒッチハイクをして病院へ向かうが……。

[PR]

映画詳細データ

英題
RIDING THE BULLET
製作国
アメリカ
配給
  • 日活
アメリカン・ビスタ/ドルビーデジタル
(新宿トーアほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]