マカロニ・ウエスタン 800発の銃弾 (2002)

2005年10月15日公開 124分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マカロニ・ウエスタン 800発の銃弾

見どころ

60年代に一世を風靡(ふうび)した「マカロニ・ウエスタン」の現状を、コメディタッチで描いたアクション活劇。監督は『どつかれてアンダルシア(仮)』など一風変わった作風が持ち味で、スペインの個性派監督として知られるアレックス・デ・ラ・イグレシア。当時「マカロニ・ウエスタン」を代表する俳優だったサンチョ・グラシアが、ウエスタン村を守るために立ち上がる男を熱演する。スペインの社会情勢などの風刺的要素を組み込みつつ、極上のエンターテインメントに仕上がっている。

あらすじ

西部劇の聖地と呼ばれていたスペインのアルメリア地方にあるウエスタン村には、かつての繁栄に浸り続けるガンマンたちがいた。ある日、ウエスタン村を閉鎖し、テーマパークを建設する話が持ち上がる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
800 BALAS
製作国
スペイン
配給
  • シネカノン
カラー/シネマスコープ/ドルビーSR、SRD
(渋谷アミューズCQN)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]