シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
東京ゾンビ
(C) 2005 「東京ゾンビ」製作委員会
製作年:
2005年
製作国:
日本
日本公開:
2005年12月10日
(シネセゾン渋谷)
上映時間:
配給:
東芝エンタテインメント

見どころ:人気マンガ家・花くまゆうさくの「東京ゾンビ」を映像化したコメディタッチのサバイバル・アクション。哀川翔がハゲ、浅野忠信がアフロという個性的なキャラクターで不思議な世界観をかもし出す。監督は『殺し屋1』の脚本家佐藤佐吉。共演の浅野も思わず吹き出したほどの、哀川のコワれた爆笑演技に要注目。

あらすじ:消火器工場で働くミツオ(哀川翔)とフジオ(浅野忠信)は、柔術をこよなく愛する仲良しコンビ。ある日突然2人の前にゾンビが現れ襲いかかってきた。

東京ゾンビ
(C) 2005 「東京ゾンビ」製作委員会


スタッフ

監督:
プロデューサー: 豊嶋勇作 / 梅川治男
撮影: 石井勲
照明: 丸山文雄
編集: 島村泰司
スタイリスト: 北村道子
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『東京ゾンビ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「東京ゾンビ」 柔術との相性悪し from 栄華通信  珍竹隣映画ブログ (2017年9月12日 2時33分)
    映画「東京ゾンビ」観ました。 (グレイシー)柔術とゾンビとの闘技場での戦いがメインになるのですが、どうも映画との相性が悪い。 柔術は寝技中心で地味になりがちなのに、映画として、とりわけゾンビとの闘いの手段として描くには無理があるんじゃないかと思える作品です。 哀川翔のハゲヅラなどギャグ要素のあるものの、今ひとつ空回りというか、組み合わせの悪さを感じずにはいられません。 邦画「東京ゾンビ」 2005年 監督:佐藤佐吉  漫画原作:花くまゆうさく 出演:浅野忠信、哀川翔、奥田恵梨華、古田新太、松岡日菜、&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 東京ゾンビ from ★本当に怖いホラー映画(DVD)★ (2010年2月20日 0時30分)
    ★あらすじ★ゾンビと闘う男たちを描いた花くまゆうさく原作のカルト漫画を哀川翔と浅野忠信の共演で実写化したサバイバルムービー。消火器工場で働くフジオとミツオは、柔術の練習.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ■東京ゾンビ [映画] from *Hello Nico World (2009年2月4日 0時29分)
    『東京ゾンビ』(2005)日本  監督・脚本:佐藤佐吉 原作:花くまゆうさく ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「東京ゾンビ」 from prisoner's BLOG (2008年2月11日 20時29分)
    東京ゾンビハピネット・ピクチャーズこのアイテムの詳細を見る ゾンビだけでなくオカマやスカトロほか色々悪趣味なものが並んでいて、まじめに見る映画じゃないのはわかってるけれど、だからといって笑えるわけではない。 こういう安くてバカバカしくて、それでちゃんと見せるのって相当難しいのではないか。哀川翔と浅野忠信がハゲとアフロで顔合わせするっていうのでは足りない。ときどき湿っぽくなるのも困る。 ゾンビがつかみかかってくるのを柔術の技でしのぐのがちょっともっともらしくて面白かった。 (☆☆★★) 本ホームページ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『東京ゾンビ』を観た2005年12月6日(火) from 羅駆転(あるいは汐菱Q)の日記 (2006年3月27日 10時0分)
    今日は、レッスンのあと、『東京ゾンビ』を観に行った。  試写会。でも僕が当たったのではない。当たったのはHana*Hanaさん。  一緒に行く人がいないというので、おこぼれにあずからせてもらった。前にも書いたように、観たかった映画なので、非常にラッキー!  ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年12月5日の週の公開作品
  3. 『東京ゾンビ』