シネマトゥデイ

ガラスの使徒 (2005)

2005年12月17日公開 110分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ガラスの使徒

見どころ

アングラ演劇界のカリスマ、唐十郎が原作、脚本、出演の三役をこなす心温まる奇跡の寓話。劇団“新宿梁山泊”の代表であり『夜を賭けて』で映画デビューも果たした金守珍監督が、ダイナミックな演出で観客を魅了する。ヒロイン役に抜擢されたのは『銀のエンゼル』の若手女優、佐藤めぐみ。彼女は劇団出身の稲荷卓央や余貴美子など、ベテラン役者に負けない透明なオーラを放つ。歌手の中島みゆきのゲスト出演にも要注目。

あらすじ

時代に取り残されたような町工場で、必死にガラスを磨く池谷(唐十郎)。彼は倒産の危機にさらされながらもレンズの仕上げ作業に取り組んでいた。ある晩、葉子(佐藤めぐみ)という少女が現れ、工場の手伝いを始めた。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
原作・脚本
撮影
照明
録音
美術
音楽
編集
ヴィジュアルエフェクト

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • プログレッシブ ピクチャーズ
(東京都写真美術館)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]