シネマトゥデイ

燃ゆるとき (2005)

2006年2月11日公開 114分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
燃ゆるとき
(C) 2006「燃ゆるとき」製作委員会

見どころ

『金融腐蝕列島 [呪縛]』の高杉良による、ベストセラー小説を映像化した社会派ドラマ。『シャブ極道』などの細野辰興監督が、実在する食品会社をモデルにした物語をリアルに描き出す。単身アメリカで工場の再生を任される主人公に中井貴一がふんし、持ち前の誠実さで逆境と苦難に立ち向かう営業マンを好演する。小田和正が歌う主題歌も、先の見えない日本経済を憂う映画の世界観を効果的に盛り上げている。

あらすじ

アメリカ進出も果たした、東京・築地市場生まれの食品会社東輝水産は、安価なアジア企業に押され、工場の再生が不可欠となっていた。そんななか、特命を受けた資材担当の営業マンの川森潔(中井貴一)が単身渡米する。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 東映
(丸の内TOEI 1 ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]