シネマトゥデイ

ラストデイズ (2005)

2006年3月18日公開 97分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

1994年に自ら命を絶った“ニルヴァーナ”のヴォーカル、カート・コバーンの死にインスパイアされた『エレファント』のガス・ヴァン・サント監督が、時代の頂点を極めたロックアーティストの孤独と苦悩、そして最期の2日間を繊細に描き出す。主演のマイケル・ピットが劇中で自作の曲を披露するほか、『サラ いつわりの祈り』のアーシア・アルジェントらが共演。“ソニック・ユース”のサーストン・ムーアが音楽コンサルタントを務めているのも話題だ。

あらすじ

若きカリスマ・ロックアーティスト、ブレイク(マイケル・ピット)はリハビリ施設を抜け出し、薄汚れた格好で森の中をさまよっていた。やがて、森の中にひっそりと佇む一軒家にたどり着き、最期の時間を過ごす。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
LAST DAYS
製作国
アメリカ
配給
  • エレファント・ピクチャー
カラー/スタンダード/SRD
(シネマライズ)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]