シネマトゥデイ

ルー・サロメ 善悪の彼岸 (1977)

2006年2月18日公開 127分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ルー・サロメ 善悪の彼岸
(C) LOTAR FILM Roma/CLESI CINEMATOGRAFICA Roma

見どころ

19世紀末の文芸史に名高い才女ルー・サロメと大哲学者ニーチェ、そして彼の友人パウル・レーとの愛と妄執の物語。「三位一体」と呼ばれた奇妙な共同生活の行方を、『愛の嵐』の女流監督リリアーナ・カヴァーニが描き出す。フランスの名女優ドミニク・サンダ、『ユリシーズの瞳』のエルランド・ヨセフソン、『マーラー』のロバート・パウエルら国際派キャストが競演。男色者たちの性の饗宴や神と悪魔の踊りなど、カヴァーニならではの退廃的な映像が異彩を放つ。

あらすじ

19世紀末ローマ。類まれな知性と美貌を兼ね備えたルー・サロメ(ドミニク・サンダ)は、大哲学者ニーチェ(エルランド・ヨセフソン)と、彼の若き友人パウル・レー(ロバート・パウエル)を虜にする。 彼らの求婚を退けたルーの提案で、3人は奇妙な共同生活を始める。

[PR]

映画詳細データ

英題
BEYOND GOOD AND EVIL
製作国
イタリア/フランス/西ドイツ
配給
  • 彩プロ
ヴィスタ/カラー/モノラル
(新宿K's Cinema ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]