シネマトゥデイ

雨の町 (2006)

2006年3月25日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
雨の町
(C) 2006「雨の町」製作委員会

見どころ

「吸血鬼ハンター“D”」などの人気作家、菊池秀行の同名の短編小説を映画化した和製ホラー。35年前に集団失踪した子供たちを巡る謎に迫る。監督は『タナカヒロシのすべて』の田中誠。事件を追う青年役に『県庁の星』の和田聰宏。彼を助ける役場の職員を『パッチギ!』の真木よう子が演じている。日本の民間伝承と侵略者という要素がうまくミックスされ、身辺に潜む人間ではない何者かの気配に身の毛もよだつ異色作。

あらすじ

ある地方都市で内臓のない子供の死体が見つかる。ルポライターの荘太(和田聰宏)は、取材中に死んだはずの子供の死体が起き上がり姿を消すのを目撃。情報収集のため役場に行き、35年前に近隣の丙村で小学生の集団失踪事件が起きたことを知る。今回の事件との関連を調べる彼を役場で働く香坂(真木よう子)が助けてくれる。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本
原作
プロデューサー
撮影
照明
美術
衣装
編集

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • プログレッシブ ピクチャーズ
カラー/ビスタサイズ/DTSステレオ/R-15
(渋谷シアター・イメージフォーラム ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]