シネマトゥデイ

水霊 ミズチ (2006)

2006年5月27日公開 102分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
水霊 ミズチ
(C) 「水霊 ミズチ」製作委員会

見どころ

人気作家・田中啓文の同名ベストセラーを映画化した異色ホラー。古代から「水霊(ミズチ)」や「死に水」などと言い伝えられてきた呪われた水が、水道水に混入したことで引き起こされる恐怖を描く。事件の謎を追うヒロインに『大停電の夜に』の井川遥、彼女の元夫役を『最後の恋,初めての恋』の渡部篤郎が熱演。『ほんとうにあった怖い話 怨霊 劇場版』の山本清史が監督を手がけ、生きていく上で欠かせない水をモチーフにした究極の恐怖を繰り出す。

あらすじ

井戸水を飲料水として利用している東京西部エリアで、謎の自殺事件が多発していた。事件に水道水が関係していると直感した新聞記者の響子(井川遥)は、水質調査の専門家で元夫の祐一(渡部篤郎)に相談するが一蹴される。調査を進めるうちに、彼女は呪われた水=死に水の存在を確信するが、水をめぐる死と惨劇は拡大していく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • トルネード・フィルム
カラー/ヴィスタ/DTSステレオ
(池袋シネマサンシャイン ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]