シネマトゥデイ

ニューヨーク・ドール (2005)

2006年6月3日公開 79分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ニューヨーク・ドール

見どころ

多くのミュージシャンに多大な影響を与えた伝説のロックバンド“ニューヨーク・ドールズ”の元ベーシスト、アーサー・ケインの一風変わった人生を追ったドキュメンタリー。バンド解散後はキャリアの低迷やアルコール依存症とどん底まで転落するが、モルモン教と出会い、生活を一新させた。そんな彼の平凡な日常と、長年の夢だったバンド再結成がかない、2004年ロンドンで行われたライブの模様を映し出す。疎遠だったメンバーとの再会を喜ぶアーサーの姿が印象的。

あらすじ

L.A.郊外の図書館で働くシャイな55歳のアーサーは、70年代伝説のロックバンド“ニューヨーク・ドールズ”のベーシスト、アーサー・“キラー”・ケインと呼ばれた男だった。バンド解散後どん底の日々を送っていたが、1989年にモルモン教に改宗して生活は一変。それから15年後、平凡な生活を送る彼の元にバンド再結成の話が舞い込む。

[PR]

映画詳細データ

英題
NEW YORK DOLL
製作国
アメリカ
配給
  • ファントム・フィルム
ビスタ/ドルビーSRD
(シネセゾン渋谷)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]