親密すぎるうちあけ話 (2004)

2006年6月10日公開 104分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
親密すぎるうちあけ話
(C) Les Films Alain Sarde/WISEPOLICY

見どころ

『髪結いの亭主』のフランスの名匠パトリス・ルコント監督が、孤独な男女のおりなす感情の駆け引きを描いたロマンティック・コメディ。ルコント監督作『列車に乗った男』に続き全米中でロングランを記録した話題作。『灯台守の恋』のサンドリーヌ・ボネールと『バルニーのちょっとした心配事』のファブリス・ルキーニが、愛に傷ついた男と女を人生の哀歓を漂わせながら軽妙酒脱に演じる。上質なユーモアに富んだ大人のための寓話。

あらすじ

妻と別れて孤独な日々を送る会計士のウィリアム(ファブリス・ルキーニ)の事務所に、ある日、アンヌ(サンドリーヌ・ボネール)という名の美しい女性が訪ねてくる。彼女は前ぶれもなく自分の夫との私生活について赤裸々に語り始めるが、実は精神科医を訪ねるつもりが、ノックするドアを間違えてしまっていたのだった……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
フランス
配給
  • ワイズポリシー
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル/DTS
(シャンテシネ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]