胡同(フートン)のひまわり (2005)

2006年7月8日公開 132分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
胡同(フートン)のひまわり
(C) 2005 Ming

見どころ

『こころの湯』などで世界的に注目される中国の俊英チャン・ヤン監督のヒューマンドラマ。30年にわたる画家親子の愛と葛藤(かっとう)の日々を、文化大革命や自由化の波を背景に描きながら、激動する中国の変化もあぶりだす。シャンヤン役は3世代の異なる新鋭たちが演じ、母親役を『ラスト・エンペラー』のジョアン・チェン、父親役は実力派俳優スン・ハイインが好演。急速な近代化の影で消えゆく胡同(フートン)で営まれる、懐かしくも温かな心の交流が胸を打つ。

あらすじ

1976年、9歳のシャンヤン(チャン・ファン)は、近所の子どもたちと気ままに遊ぶ自由な日々を送っていた。しかし、文革で強制労働にかり出されていた父親ガンニャン(スン・ハイイン)が6年ぶりに帰ってきたことで、状況は一変。絶たれた画家への夢を息子に託し、厳しい英才教育をほどこす父にシャンヤンは激しく反発する。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
向日葵
製作国
中国
配給
  • 東芝エンタテインメント
SRD/ビスタ
(Bunkamura ル・シネマ )
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]