シネマトゥデイ

ゴーヤーちゃんぷるー (2005)

2006年6月24日公開 101分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゴーヤーちゃんぷるー
(C) 映画「ゴーヤーちゃんぷるー」製作委員会

見どころ

児童文学作家・竹内紘子の小説「まぶらいの島」を映画化した人間ドラマ。引きこもりの少女が、西表島の大自然と住民たちと触れあう中で再生してゆく姿を、『新しい風 若き日の依田勉三』の松島哲也監督が描き出す。主演は『HINOKIO ヒノキオ』『ルート225』で注目された多部未華子。共演には武田航平、風吹ジュン、下條アトムらが脇を固めるほか、森田健作が企画・出演しているのにも注目。助け合って生きる島の人々の姿に心が温まる。

あらすじ

学校でいじめにあっているひろみ(多部未華子)は、心を閉ざしてしまい自分の部屋に引きこもるようになる。幼いときに父を亡くし、母も家を出てしまっていることから、祖父母と3人暮らしをしており、話し相手はネット上で知り合ったメル友のケンムン(武田航平)だけ。偶然にもケンムンの住む場所と、家出した母がいる場所が同じだと知ったひろみは、2人に会うため西表島へと旅立つ。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • アウル21
(東京都写真美術館ホール)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]