真昼ノ星空 (2004)

2006年6月24日公開 92分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
真昼ノ星空

見どころ

沖縄を舞台に繰り広げられる、殺し屋の青年と心に傷を抱えた女性の危険な恋を描いたラブ・ロマンス。『青い魚』『Departure』に続きベルリン映画祭で高い評価を得た中川陽介監督のストイックな演出の下、『血と骨』の鈴木京香、『拳神/KENSHIN』のワン・リーホン、『リンダ リンダ リンダ』の香椎由宇が、寡黙な恋人たちの切ないドラマを紡ぎだす。都会の喧騒(けんそう)から離れた孤独な男女の心情をとらえる、リリカルな映像が印象的。

あらすじ

台湾人の殺し屋リャンソン(ワン・リーホン)は、一仕事を終え、沖縄に身を潜めていた。穏やかな沖縄での暮らしは孤独だったが、土曜の夜にはきまって由起子(鈴木京香)がコインランドリーにやって来た。彼女のどこか寂しげな横顔に惹かれたリャンソンは由起子に想いを伝えるが、彼女は彼を愛することができないと告げる。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本
プロデューサー
撮影
美術監督
編集
音楽
照明

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ホリプロ/スローラーナー
カラー/DTSステレオ
(ユーロスペース)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]