シネマトゥデイ
18歳以上がご覧になれます

マルキ・ド・サドの調教哲学 (2005)

2006年6月10日公開 87分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マルキ・ド・サドの調教哲学
(C) Itagest video,2005.

見どころ

サディズムの語源にもなったフランス貴族マルキ・ド・サドの著書「閨房哲学」を原作に、淫蕩(いんとう)な侯爵夫人がいたいけな10代の美少女に性の快楽を教え込む過程を描いた文芸エロス。『肉屋』の鬼才アウレリオ・グリマルディが監督を務め、無垢な少女が背徳の喜びを知る姿を、生々しい性描写の数々で官能的に演出する。侯爵夫人役のアントネッラ・サルヴッチと美少女役のサラ・サルティーニの、大胆かつ豊満な美しい肉体対決も見もの。

あらすじ

情熱と欲望に支配されているドリアン・サンタンジュ夫人(アントネッラ・サルーシ)は、弟から聞かされていたドルマンセ侯爵(バレリオ・タンボーネ)の快楽主義、肉体至上主義の話に色めき立っていた。そのころ、夫人の元には、性の喜びを教えてやるために預かることになった18歳のユージニー(サラ・サルティーニ)が訪れる。

[PR]

映画詳細データ

英題
SENTIMENTAL EDUCATION OF EUGENIE
製作国
イタリア
配給
  • アルバトロス・フィルム
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD/R-18
(銀座シネパトス)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]