18歳以上がご覧になれます

ジョルジュ・バタイユ ママン (2004)

2006年7月1日公開 110分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョルジュ・バタイユ ママン
(C) Gemini Films Arte France Cinema Les Films du Camelia Les Films du

見どころ

母と息子という普遍的なテーマを基に、フランスを代表とする思想家ジョルジュ・バタイユの遺作「聖なる神」を映画化した衝撃作。17歳の少年が経験する、禁断の愛と性の物語を赤裸々(せきらら)に描き出す。『8人の女たち』のイザベル・ユペールが、自由奔放で魅惑的な母親圧倒的な存在感で演じる。子犬のように母親を慕う息子役に『ドリーマーズ』のルイ・ガレル。フランス映画の本領をおおいに発揮した、愛と性と欲望の響宴(きょうえん)に息をのむ。

あらすじ

17歳のピエールは、崇拝する美ぼうの母親(イザベル・ユペール)に会うためにスペインのカナリア諸島を訪れた。彼が到着すると、折り合いの悪い父親(フィリップ・デュクロ)は島を出てしまい、最愛の母と二人だけの生活が始まる。しかし、母から同性の愛人(ジョアンナ・プレイス)を紹介されるなど、母親の本性を知っていくうちに、ピエールの母親に対する思いは変化し始める。

[PR]

映画詳細データ

英題
MA MERE
製作国
フランス
配給
  • アット エンタテインエント
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD/R-18
(テアトル タイムズスクエア)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]