太陽の傷 (2006)

2006年9月16日公開 117分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
太陽の傷
(C) 2006 シネマパラダイス

見どころ

凶悪な少年犯罪と世間の偏見に巻き込まれ、愛する娘と妻を失った男の壮絶な苦悩の日々を描く社会派ドラマ。『ゼブラーマン』をはじめ、数々の作品でタッグを組んできた三池崇史と哀川翔が、理不尽な犯罪を発端に極限まで追い詰められていく男の魂の苦闘をいぶり出す。良き家庭人としても知られる哀川が鬼気迫る主人公を熱演し、近年エスカレートする少年犯罪への対応が問題視されている少年法の存在意義に一石を投じるテーマが胸を打つ。

あらすじ

浮浪者へ暴行を繰り返す少年グループを制止した片山(哀川翔)は、グループのリーダー格、神木(森本慧)の恨みを買い、まだ幼い娘を殺害されてしまう。神木は逮捕されるものの、マスコミは事件の遠因が片山側にあるとあおり、世間の偏見に耐え切れなくなった妻は自殺してしまう。追い詰められた片山は、神木に直接会おうとするが……。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • シネマパラダイス
(ユーロスペース)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]