シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

Sad Movie サッド・ムービー

公式サイト:http://www.sadmovie.jp/
Sad Movie サッド・ムービー
(C) 2005 i Love Cinema Co.,Ltd. All rights Reserved.
英題:
SAD MOVIE
製作年:
2005年
製作国:
韓国
日本公開:
2006年11月11日
上映時間:
配給:
ギャガ・コミュミケーションズ
カラー/シネマスコープサイズ/ドルビーデジタル/ドルビーSR

見どころ:8人の男女の“別れの物語”にスポットをあて、別れのあり方をつづった、心揺さぶられる感動のドラマ。無骨な消防士を演じるのは『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン。その恋人役に『箪笥』のイム・スジョン。そのほか『甘い人生』のシン・ミナ、『僕の、世界の中心は、君だ。』のチャ・テヒョン、『ビッグ・スウィンドル!』のヨム・ジョンアら韓国のトップスターが共演。8人の登場人物全員の人生を丁寧に描き切り、ドラマ性の強い作品に仕上がっている。

あらすじ:消防士のジヌ(チョン・ウソン)は、恋人のスジョン(イム・スジョン)になかなかプロポーズできずにいた。昔、火事に遭い、耳が聞こえなくなってしまったスジョンの妹のスウン(シン・ミナ)は、遊園地で白雪姫の着ぐるみをかぶって仕事をしている。そんな彼女の前に、似顔絵描きのハンサムな青年サンギュ(イ・ギウ)が現れる。

Sad Movie サッド・ムービー
(C) 2005 i Love Cinema Co.,Ltd. All rights Reserved.


ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『Sad Movie サッド・ムービー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ▲ 『Sad Movie サッド・ムービー』 from 映画の感想文日記 (2007年4月25日 23時44分)
    2005年、 "SAD MOVIE".  クォン・ジョンガン監督。 チョン・ウソン(『私の頭の中の消しゴム』その他)、チャ・テヒョン(『永遠の片想い』その他)、イ ム・スジョン(『アメノナカノ青空』その他)、ヨム・ジョンア(『H』そ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『Sad Movie サッド・ムービー』のライティング from 撮影監督の映画批評(たまに写真や撮影のTIPSも) (2006年11月20日 21時46分)
    複数主人公を同じテーマで繋ぐのは「美しい人」でも見たし、複数のエピソードを雨という気象でシンクロナイズするのは、「ショートカッツ」(ロバート・アルトマン)の地震だったり、「殺し」(ベルナルド・ベルト ...[外部サイトの続きを読む]
  • Sad Movie サッド・ムービー ▲▲ やさしい気持ちになれる映画です from どんくらの映画わくわくどきどき (2006年11月13日 16時46分)
    「悲しい映画」なんてタイトルなので観るのをよそうかと思った。やたら大げさに感動を押し付けて観客を無理やり泣かせようとする(邦画によくある)映画はキライなので。でもそんなことはなかった。とてもやさしくなれる映 ...[外部サイトの続きを読む]
  • もう韓流の総集編ですわ~「サッド・ムービー」 from bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ (2006年11月11日 13時48分)
    絶対に泣くと言われている 「サッド・ムービー」 8人による 4つの「さよなら」のエピソード。 時にエピソードが交差し 見えない糸にも驚かされます。 「泣く」と言っても 数々の韓国映画を鑑賞してきた 人にとっては 一種の総集編ではないでしょうか? 「プロポーズの届かない二人の想い」 (見たことあるう、また婚約者が・・・) 「終わった恋に気付けない青年」 (なんか知ってるう、今度は男?) 「着ぐるみの中の素顔に隠された初恋」 (また手話が手段ですか?) 「限られた時間を精一杯過ごす、母と息子」 (ま ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『Sad Movie <サッド・ムービー>』 from 試写会帰りに (2006年11月11日 12時42分)
    『Sad Movie <サッド・ムービー>』 主人公達の“泣くシーン”が多くて印象的。「号泣必至」と前宣伝で煽られると余計に泣けなくなるような……。どんなにドラマチックでもあくまでドラマ的で、TVの連続ドラマ風。「ベストハンカチスト賞」を受賞したチョン・ウソンの男泣き.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年11月6日の週の公開作品
  3. 『Sad Movie サッド・ムービー』