シネマトゥデイ

上海の伯爵夫人 (2005)

2006年10月28日公開 136分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
上海の伯爵夫人
(C) Merchant Ivory Productions/WISEPOLICY/TOHO-TOWA

見どころ

36年、激動の上海を舞台に、盲目のアメリカ人元外交官とロシアから亡命してきた美ぼうの伯爵夫人の運命を描くラブストーリー。監督は『ハワーズ・エンド』の名匠ジェームズ・アイヴォリー。主人公2人を『ナイロビの蜂』のレイフ・ファインズと『チェルシーホテル』のナターシャ・リチャードソンが演じる。ミステリアスな日本人役で登場し、英語のせりふもこなす真田広之の熱演と、30年代の上海を再現したゴージャスな映像美に注目。

あらすじ

上海でクラブのホステスとして働き、家計を支える美しいロシア人ソフィア(ナターシャ・リチャードソン)は、愛する家族を失い、視力さえもなくした元外交官のアメリカ人ジャクソン(レイフ・ファインズ)と出会う。ジャクソンは長年の夢だったバー、“白い伯爵夫人”をオープンさせ、ソフィアを“店の華”として雇うことに決める。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE WHITE COUNTESS
製作国
イギリス/アメリカ/ドイツ/中国
配給
  • ワイズポリシー
  • 東宝東和
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/DTS/SDDS
(Bunkamura ル・シネマ ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]