シネマトゥデイ

風のダドゥ (2005)

2006年9月23日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
風のダドゥ

見どころ

心に傷を負った人々が、馬や自然と触れ合う中で生きる力を取り戻していく姿を描いた人間ドラマ。馬と触れ合うことで心身を癒す“ホースセラピー”をモチーフに、『ウィニング・パス』の中田新一監督が温かなまなざしで希望と再生のドラマを描き出す。生きる希望を失ったヒロインに、本作が初主演となる新星、木村文乃がふんし、共演には榎木孝明、勝野洋、犬塚弘らベテランが勢ぞろい。舞台となった阿蘇の雄大な大自然に癒される。

あらすじ

不登校を続け、孤独に耐えられなくなった16歳の歩美(木村文乃)は、阿蘇山で自殺しようとしていたところを装蹄師の桜田(犬塚弘)に助けられる。彼が働く牧場には、一本気な牧場主の安藤(勝野洋)とその家族、心に傷を負った元高校教師らが暮らしていた。牧場での生活や元競走馬との出会いから、歩美は次第に心を開いていく。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 角川ヘラルド映画
カラー/6巻/2582m/ビスタサイズ/ドルビーステレオSR
(キネカ大森)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]