シネマトゥデイ

ダニエラという女 (2005)

2006年12月9日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ダニエラという女
(C) 2005 FIDELITTE FILMS -BIM DISTRUBUZIONE-FRANCE 2 CINEMA-WILD BUNCH-PAN-EUROPEENNE PRODUCTION-PLATEAU A-LES FILMS ACTION

見どころ

イタリアの宝石と呼ばれるモニカ・ベルッチ主演の大人のための恋愛映画。飾り窓の中で生きる絶世の美女と平凡な男の愛の軌跡を描く。ヒロインの幸運な相手役を務めるのは、コメディアンとしても有名なベルナール・カンパン。その恋敵役に『恍惚』のジェラール・ドパルデュー。『私の男』などのフランスの鬼才、ベルトラン・ブリエ監督がモニカに捧げた究極の一本。カルティエやプラダを身に着けた大人の女の豊満な肉体に目が釘付けになる。

あらすじ

平凡なサラリーマンのフランソワ(ベルナール・カンパン)は、宝くじに当たり大金を手にする。彼は飾り窓の中にいる美女ダニエラ(モニカ・ベルッチ)に、その金が続く限り一緒に暮らして欲しいとに申し込む。彼女は承諾し、彼の部屋に引っ越してくる。フランソワにとって夢のような日々が始まるが、その夢も長くは続かなかった。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
HOW MUCH DO YOU LOVE ME?
製作国
フランス
配給
  • ハピネット
  • クレストインターナショナル
カラー/シネマスコープサイズ/ドルビーSRD/DTS
(シアター・イメージフォーラム)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]