シネマトゥデイ

人生は、奇跡の詩 (2005)

2006年12月9日公開 114分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

頼りなさそうな男が、愛する女性のために戦時下のイラクで孤軍奮闘する心温まる愛の物語。本作で監督、脚本、主演をこなす『ライフ・イズ・ビューティフル』のロベルト・ベニーニが、なんとも憎めない中年男を演じている。共演は実生活でも彼のパートナーであるニコレッタ・ブラスキ。シンガーソングライターであり俳優でもあるトム・ウェイツが、この映画のために書き下ろした曲を熱唱する夢の中のシーンは必見。

あらすじ

大学教授のアッティリオ(ロベルト・ベニーニ)は、毎晩同じ女性ヴィットリア(ニコレッタ・ブラスキ)と結婚する夢を見ていた。ある日、伝記作家のヴィットリアは詩人フアド(ジャン・レノ)の取材中にバグダッドで爆撃を受け、意識不明の重体になる。それを聞いたアッティリオはどうにかして戦時下のイラクに駆け付けようとするが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
LA TIGRE E LA NEVE
製作国
イタリア
配給
  • ムービーアイ
カラー/スコープサイズ/SRD/SR
(シャンテ シネ ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]