シネマトゥデイ

オーロラ (2006)

2006年12月16日公開 96分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オーロラ
(C) La Cinefacture / France 2 cinema

見どころ

荘厳な宮殿を舞台に繰り広げられる、美しき王女と画家の許されぬ悲恋の物語。身分違いの恋に生きる男女の情念を華麗なダンスで表現する。『エトワール』のニルス・タヴェルニエ監督が、幻想的で美しい物語を創り上げた。主演に抜擢されたのは新星、マルゴ・シャトリエ。その相手役を人気実力ともにパリ・オペラ座ナンバーワンのエトワールであるニコラ・ル・リッシュが務めている。夢と現実が交錯する迫力のダンスシーンは圧巻。

あらすじ

踊りを禁じた王国の王女オーロラ姫(マルゴ・シャトリエ)は、何よりも踊ることが好きだった。王(フランソワ・ベルレアン)は財政難の王国を立て直すため、王妃(キャロル・ブーケ)にも内緒で政略結婚を画策。舞踏会を開くため画家(ニコラ・ル・リッシュ)に王女の肖像画を描かせるが、姫は画家に心を奪われてしまう。

[PR]

映画詳細データ

英題
AURORE
製作国
フランス
配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ Gシネマグループ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/ドビーSR
(シャンテシネ ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]