アジアンタムブルー (2006)

2006年11月18日公開 110分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アジアンタムブルー
(C) 2006『アジアンタムブルー』製作委員会

見どころ

大崎善生の同名の小説を映画化した切ないラブストーリー。ようやく自分の大切な相手に巡り合ったものの、彼らに残された時間はわずかだった。愛する人の最期と向き合う主人公を演じるのは『バルトの楽園(がくえん)』や人気テレビドラマ「結婚できない男」に出演するなど、映画やテレビに引っ張りだこの阿部寛。相手役はテレビドラマ「タイヨウのうた」の松下奈緒。二人が最後の日々を過ごすニースの街の美しい風景が胸にしみる。現役の音大生でもある松下による、透明感のあるピアノ演奏は要チェック。

あらすじ

成人男性誌の編集者として働く隆二(阿部寛)は、仕事や友人(佐々木蔵之介)の妻(高島礼子)との不倫に悶々(もんもん)とした日々を送っていた。ある日、新進カメラマンの葉子(松下奈緒)と知り合い、お互いを意識し合う関係になる。いつしか同棲を始める仲になるが、いつまでも心に壁を作る隆二に、葉子は不信感を抱き……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
ADIANTUM BLUE
製作国
日本
配給
  • 角川ヘラルド映画
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD
(恵比寿ガーデンシネマ ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]