シネマトゥデイ

愛されるために、ここにいる (2005)

2007年12月16日公開 93分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
愛されるために、ここにいる
(C) TS Productions

見どころ

愛を知らない中年男性が、ひとりの女性と出会ったことで人生の輝きを取り戻していくラブストーリー。本国フランスでは、半年もの間ロングラン上映され大ヒットした話題作。くたびれた熟年男性を演じるのは『読書する女』のパトリック・シェネ。彼と恋に落ちる、若く笑顔のチャーミングな女性を『灯台守の恋』のアンヌ・コンシニがナチュラルに演じている。登場人物の心を代弁するように流れる、美しいタンゴのメロディが胸にしみる。

あらすじ

執行官のジャン=クロード(パトリック・シェネ)は50歳を超え、心身ともに疲れきっていた。医師に運動を勧められた彼はある日思い切って事務所の向かいのタンゴ教室のドアを叩く。結婚式で踊るためにレッスンを受けていたフランソワーズ(アンヌ・コンシニ)は、ぎこちなくステップを踏む彼が古い知人だと気づき……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
JE NE SUIS PAS LA POUR ETRE AIME
製作国
フランス
配給
  • セテラ・インターナショナル
カラー/DTS
(ユーロスペース)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]