フランキー・ワイルドの素晴らしき世界 (2004)

2006年12月23日公開 92分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フランキー・ワイルドの素晴らしき世界

見どころ

クラバーたちの聖地イビサ島を舞台に、聴力を失った天才DJが読唇術を教える女性との出会いを経て再生してゆく人間ドラマ。実在する複数のミュージシャンやDJを基に生み出されたキャラクター“フランキー・ワイルド”を、『マッチポイント』のポール・ケイが好演する。監督・脚本は、これが長編2作目となるマイケル・ドース。ポール・ヴァン・ダイク、ティエスト、カール・コックスなど人気DJが実名で多数出演しているのも魅力だ。

あらすじ

イビサのクラブ・シーンを熱狂させるカリスマDJフランキー・ワイルド(ポール・ケイ)は、DJの命である聴力を失う。失意の日々を送っていた彼は読唇術の女性教師ペネロペ(ベアトリス・バタルダ)と出会い、再生への道を歩み出す。ある夜、耳が聞こえなくても振動で音を感じることに気づいた彼は、DJ再起を決意する。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
IT'S ALL GONE PETE TONG
製作国
イギリス/カナダ
配給
  • エイベックス・エンタテインメント
カラー/シネマスコープ/ドルビー・デジタル
(渋谷シネ・アミューズ)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]