シネマトゥデイ

海でのはなし。 (2006)

2006年12月16日公開 71分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
海でのはなし。
(C)「海でのはなし。」製作委員会

見どころ

自分の育った家庭が虚構だったことに傷ついた少女と、人と関わるのが苦手な男の葛藤(かっとう)を描くラブストーリー。人気バンド、スピッツの楽曲の世界観が出発点となった本作は、大宮エリー監督がスピッツのファンだったことから同企画がスタート。宮崎あおい、西島秀俊をダブル主演に迎え、不器用な男女が海での長い会話を通じて答えを出そうとするする姿を静謐(せいひつ)なタッチで映し出す。全編に流れるスピッツのシングル曲も必聴。

あらすじ

自分のことをごく平凡な家庭で普通に育った幸せな娘と信じていた楓(宮崎あおい)は、ある日、母親が父親の愛人だったという事実を知ってしまう。傷ついた楓は、心の拠り所にしている物理学者の博士(西島秀俊)の元へと向うが、博士は自分の壊れた家庭環境との葛藤(かっとう)から、楓の気持ちを受け止められず……。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • リトル・モア
カラー/DV
(ユーロスペース)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]