シネマトゥデイ

ワサップ (2005)

2007年1月27日公開 107分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ワサップ

見どころ

ロサンゼルスのサウス・セントラル地区に暮らすラテン系少年たちが、自分たちの居場所を模索する姿を描いた青春ドラマ。監督は『KIDS/キッズ』や『KEN PARK/ケンパーク』でも若者たちの日常にスポットをあてたラリー・クラーク。製作総指揮にはシャロン・ストーンがあたっている。ティーンエイジャーの視点から死と隣り合わせの毎日を見つめた寓話的な作りと、主演に起用された現地の少年たちが見せるリアルな演技が見どころ。

あらすじ

サウス・セントラルに暮らすジョナサン(ジョナサン・ヴェラスケス)は、父親違いの兄エディー(エディ・ヴェラスケス)ら6人の仲間たちとともにスケボーをするためビバリーヒルズへ。ビバリーヒルズ高校の有名な階段で滑りを楽しんでいた彼らは、白人の金持ち少女、嫌味な警官、パーティ三昧の業界人ら、さまざまな人々に出会う。

[PR]

映画詳細データ

英題
WASSUP ROCKERS
製作国
アメリカ
配給
  • ファインフィルムズ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/PG-12
(シアターイメージフォーラム)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]