ミックスマシン (2006)

2006年11月25日公開 64分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミックスマシン

見どころ

理想と現実のギャップに直面した思春期の男女が、孤独を抱えながらも力強く前進する姿を描く青春物語。撮影当時、現役の専門学校生だった19歳の斉藤可奈子が脚本と監督を手がけ、10代のリアルな心情を投影した。専門学校東京ビジュアルアーツと短編映画館トリウッドが連携したプロジェクトの第1弾作品でもある本作は、企画、制作、宣伝、上映までをすべて学生が実施。学生だけによる劇場用商業映画としても見逃せない。

あらすじ

本当の自分を出せず、気持ちを押し殺して生活している16歳のタエ(三枝万莉)は、学校でも家でも自分の居場所がない孤独な日々を送っていた。そんな中、町中でおかしな発明品の実験をしているミツル(沼澤貴宏)を見かける。難病の母親を救うために発明に没頭しているミツルの姿に、タエは自分との共通点を見い出し引かれていく。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • トリウッドスタジオプロジェクト
カラー/ステレオ/DV
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]