子宮の記憶 ここにあなたがいる (2006)

2007年1月13日公開 115分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
子宮の記憶 ここにあなたがいる
(C) 「子宮の記憶 ここにあなたがいる」製作委員会

見どころ

生後まもなく誘拐された過去を持ち、母親の愛を渇望する少年と、その誘拐犯である女性の交流を描いた人間ドラマ。直木賞作家、藤田宜永の同名小説を、『ホワイトアウト』の若松節朗監督が繊細(せんさい)なタッチで映画化した。かつて新生児誘拐を犯したヒロインに『フラガール』の松雪泰子、誘拐犯の彼女に母の愛を見い出す少年を『夜のピクニック』の柄本佑が好演。不思議なきずなで結びつく2人の姿に、親子の愛とは何かを考えさせられる。

あらすじ

裕福な家庭で何不自由なく暮らす17歳の真人(柄本佑)は、上辺だけの愛情を注ぐ母親と衝突してばかりいた。生後まもなく誘拐された過去を持つ彼は、犯人の女性を探して沖縄へ向かい、食堂を営む愛子(松雪泰子)と出会う。そこで住み込みのアルバイトを始め、やがて2人の間に親子とも恋人ともつかない愛情が芽生え……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • トルネード・フィルム
カラー/35ミリ/ヴィスタ
(シネスイッチ銀座)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]