それでも生きる子供たちへ (2005)

2007年6月9日公開 130分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
それでも生きる子供たちへ
(C) 2005 MK FILM PRODUCTIONS Srl RAI CINEMA SpA

見どころ

7か国の子どもたちが直面する厳しい現実を、それぞれの国を代表する監督たちが赤裸々(せきらら)につづるオムニバス映画。少年兵士やストリートチルドレン、エイズやドラッグなど、実際に避けては通れない数々の問題を観る者に突き付ける。『インサイド・マン』のスパイク・リーや、『ライフ・イズ・ミラクル』のエミール・クストリッツァ監督などがその手腕を大いに発揮。それぞれが個性的で愛にあふれた素晴らしい作品を撮り上げた。

あらすじ

ルワンダで強制的にゲリラ部隊に入隊させられた、12歳のタンザ(ビラ・アダマ)の唯一の自慢はスニーカーだ。彼は仲間たちと一緒に銃を手に移動し、その途中で銃撃戦に遭遇して親友を失ってしまう。それでも彼らの戦いは終わらず、タンザが時限装置付きの爆弾を仕掛けるために入った場所は、彼の憧れの場所“学校”だった。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
イタリア/フランス
配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/PG-12
(シネマライズ ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]