シネマトゥデイ

ダフト・パンク エレクトロマ (2006)

2007年4月28日公開 74分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ダフト・パンク エレクトロマ
(C) 2006 by Daft Life Limited. All rights reserved.

見どころ

フランス出身のダンスミュージック・ユニット“ダフト・パンク”のトーマ・バンガルテルとギ=マニュエルが初監督を務めたロードムービー。人間になることを夢見る2体のロボットが、人間になれない現実を突きつけられてさまよう姿が描かれる。劇中の音楽は自分たちのものではなく、トッド・ラングレン、ブライアン・イーノらの楽曲を使用。ロボット2体が身にまとったディオール・オムのレザースーツや彼らが乗るフェラーリ412にも注目。

あらすじ

黒のレザースーツに身を包み、目的地を目指して車を走らせるロボット2体(ピーター・ハートゥ、マイケル・ライヒ)。研究所のような空間で最先端の機器と科学者に身を預け、人間の顔を手に入れた彼らだったが、その顔は砂漠の熱ですぐに形が崩れ始め、醜く変形してしまう。

[PR]

映画詳細データ

英題
DAFT PUNK'S ELECTROMA
製作国
イギリス
配給
  • エイベックス・エンタテインメント
  • ロングライド
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD/DTS
(シネマライズ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]