シネマトゥデイ

キャプティビティ (2006)

2007年9月15日公開 96分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キャプティビティ
(C) 2006 Captivity,LLC

見どころ

『フォーン・ブース』などの鬼才、ラリー・コーエンの脚本を映画化した密室スリラー。監禁された女性が味わう恐怖体験や、そこから逃げようと戦う姿を追う。ヒロインを体当たりで演じるのは、人気テレビドラマ「24 TWENTY FOUR」でブレイクしたエリシャ・カスバート。監督は『ミッション』などの名匠ローランド・ジョフィ。米国とロシア初の合作としてモスクワで撮影された恐怖の館のセットや、先の見えない物語など見どころ満載。

あらすじ

トップモデルのジェニファー(エリシャ・カスバート)は、ある日、何者かに誘拐され、見知らぬ場所で目を覚ます。彼女はなんとかしてその密室から逃れようと天井の通気口から脱出を試みるが失敗し、薬物を注射され意識を失う。再び意識を取り戻した彼女は、ガラスの隙間から隣の部屋にゲリー(ダニエル・ギリーズ)という男がいることを知る。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
CAPTIVITY
製作国
アメリカ/ロシア
配給
  • キュービカル・エンタテインメント
カラー/シネマスコープサイズ/SRD/R-15
(シネマメディアージュ ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]