シネマトゥデイ

陸に上がった軍艦 (2007)

2007年7月28日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
陸に上がった軍艦
(C) ピクチャーズネットワーク

見どころ

『午後の遺言状』などの新藤兼人監督が、自らの戦争体験を語るドキュメンタリー・ドラマ。邦画界最高齢である94歳の現役監督が体験したリアルな戦争の姿を、ドキュメンタリー映像とドラマ映像の両方で振り返る。本作で監督デビューを果たした山本保博監督は、ごく普通の人間の運命が戦争によって狂わされていく様を淡々と描く。戦争体験者の生々しい証言により、当時の戦争の愚かさが浮き彫りになる。

あらすじ

太平洋戦争末期の1944年、当時、松竹大船脚本部のシナリオライターだった32歳の新藤兼人(蟹江一平)は、召集令状を受け取った。妻を亡くし、半ばやけっぱちの彼は、帝国海軍二等水兵として呉海軍隊に配属される。そこで彼や仲間の植村(滝藤賢一)を待っていたのは、自分よりはるかに年下の兵長に殴られ、けられる毎日だった。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • パンドラ
  • シネマ・ディスト
カラー/ドルビーSR/アメリカンビスタサイズ
(ユーロスペース)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]