シネマトゥデイ

デス・オブ・ア・ダイナスティ (2003)

2007年7月21日公開 91分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
デス・オブ・ア・ダイナスティ

見どころ

ヒップホップ史上最大の帝国“ロッカフェラ・レコード”の内幕を、所属の豪華ミュージシャンが語り明かすドキュメンタリー風のフィクション。同レーベルの創設者でもあるデイモン・ダッシュが監督を務め、虚構と現実を織り交ぜつつ、現在のヒップホップ界を痛烈に風刺する。物語の鍵を握る魔性の女を演じたデヴォン青木をはじめ、コメディアンからボクサーまで多彩な顔ぶれが集結。あたかも現実のように語られる手法に引き込まれる。

あらすじ

アメリカで一番人気のヒップホップ雑誌“マイク”のキレ者の女社長レイナ(ラシダ・ジョーンズ)は、ある日新人ライターのデイヴ(エボン・モス=バクラック)に、2大ヒップホップ帝王が運営するロッカフェラ・レコードの潜入取材を指示する。暴露ネタをすっぱ抜く任務を与えられたデイヴは、“帝国”に潜入するのだが……。

[PR]

映画詳細データ

英題
DEATH OF A DYNASTY
製作国
アメリカ
配給
  • アップリンク
カラー
(UPLINK X ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]