シネマトゥデイ

白い馬の季節 (2006)

2007年10月6日公開 105分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
白い馬の季節

見どころ

本作で監督デビューを果たした内モンゴル自治区出身のニンツァイ監督が、失われゆく遊牧生活の暮らしをフィルムに焼き付けたヒューマンドラマ。草原の砂漠化によって遊牧民としての生活を追われ、町に移住することを決めたある一家の姿を愛情を込めて描く。本作で典型的なモンゴルの男を演じた監督は、彼の妻役とプロデューサーを兼任したナーレンホアと迫真の演技を披露。素朴な遊牧民たちの正直な生き方が、観る者の琴線に触れる。

あらすじ

遊牧民ウルゲン(ニンツァイ)の家族は、干ばつ続きで砂漠化した内モンゴルの草原で暮らしていた。羊が飢え死にし、息子の学費も払えない厳しい状況で、妻のインジドマ(ナーレンホア)は年老いた白馬を売り、町で暮らそうと夫に訴える。だが、誇り高き遊牧民の夫は、愛馬を手放し遊牧生活を捨てる決心がつかずにいた。

[PR]

映画詳細データ

英題
SEASON OF THE HORSE
製作国
中国
配給
  • ワコー
  • フォーカスピクチャーズ
カラー/ドルビーSR
(岩波ホール)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]