シネマトゥデイ

チャーリーとパパの飛行機 (2005)

2007年9月1日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
チャーリーとパパの飛行機

見どころ

大好きな父の死に直面した少年チャーリーが、父からの最後のプレゼントとともに奇跡を巻き起こす感動のファンタジー。ベルギーのバンド・デシネ(コミック)の人気シリーズを基に、少年が父の死を受け入れるまでの喪失と冒険を描く。監督は『ロベルト・スッコ』のセドリック・カーン。心温まるストーリーと、最も難航を極めたチャーリー少年役を演じた、ロメオ・ボツァリスの愛くるしい瞳と大人顔負けの繊細(せんさい)な演技に注目。

あらすじ

パパ(ヴァンサン・ランドン)からのクリスマスプレゼントを楽しみにしていたチャーリー(ロメオ・ボツァリス)だが、期待していた自転車ではなく、手作りの白い模型飛行機をプレゼントされてがっかりする。そんな中、パパが突然の事故で死んでしまい、ママ(イザベル・カレ)とチャーリーは途方に暮れる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
L'AVION
製作国
フランス
配給
  • ワイズポリシー
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル
(シネ・リーブル池袋 ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]