ミルコのひかり (2005)

2007年9月8日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミルコのひかり
(C) ORISA PRODUZIONI SRL 2005

見どころ

イタリア映画界で活躍する実在の盲目のサウンド・デザイナー、ミルコ・メンカッチの体験を基に作られた感動作。不慮の事故により目が見えなくなった少年が、“聴く”ことにより新しい世界を築いていくまでを描く。1500人もの中から主役に抜てきされたルカ・カプリオッティは、映画初主演にも関わらずこの難役を見事に演じ切った。己の進むべき道を開拓する主人公の反骨精神に勇気づけられる。

あらすじ

1971年、イタリアのトスカーナ地方で、10歳のミルコ(ルカ・カプリオッティ)は銃の暴発により視力を失う。視覚障害者は特殊学校に入るという当時の法律により、彼はジェノヴァの全寮制の盲学校に転校する。新生活になじめないミルコは、寮母の娘フランチェスカ(フランチェスカ・マトゥランツァ)と2人で“音”を集め始める。

[PR]

映画詳細データ

英題
ROSSO COME IL CIELO
製作国
イタリア
配給
  • シネカノン
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル
(渋谷シネアミューズ ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]