シネマトゥデイ

M (2006)

2007年9月15日公開 110分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
M
(C) 2006『M』フィルムパートナーズ

見どころ

『ヴァイブレータ』『やわらかい生活』などで女性の心のひだを描く名手であることを証明した監督の廣木隆一が、馳星周による中篇集「M(エム)」を基に映画化。映画初出演でヒロインを演じるモデルの美元(ミヲン)をじわじわ追いつめるのは、個性と実力を兼ね備える大森南朋と田口トモロヲ。ヤクザに脅され堕ちていきながらも喜びを見いだす、一見幸福そうな主婦と3人の男たちの、複雑な人間心理が官能的かつスリリングに描かれる。

あらすじ

家庭ではセックスレスが続く聡子(美元)は、出会い系サイトで知り合ったヤクザの俵(田口トモロヲ)に売春を強要される。夫の秀之(大森南朋)は同僚からもらったCD-ROMで妻の裸の写真を偶然発見するが、事実を確認することができない。一方、新聞配達員の稔(高良健吾)は、自分を捨てた母と重なる聡子を救いだそうとするが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
M
製作国
日本
配給
  • ハピネット
カラー、R-15
(ユーロスペース)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]