シネマトゥデイ

封印殺人映画 (2006)

2007年7月7日公開 88分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
封印殺人映画

見どころ

『ハロウィン』『13日の金曜日』など、アメリカで“スラッシャームービー”と呼ばれるホラー映画のサブジャンルに着目したドキュメンタリー。スプラッタームービーとはジャンルを異にするスラッシャームービーを分析・定義づけした2002年刊行の書籍を紐解き、映画に携わった関係者のインタビューを敢行。これら作品群の残虐極まりない殺人シーンなどを織り交ぜ、証言から浮かび上がるスラッシャー映画史と文化的側面や社会情勢との相関関係も興味深い。

あらすじ

1970年代末から1980年代末のハリウッドで、熱狂的なブームとなったスラッシャームービーの数々。1978年封切り作『ハロウィン』の監督ジョン・カーペンター、1980年『13日の金曜日』のショーン・S・カニンガム、そして2003年『マーダー・ライド・ショー』のロブ・ゾンビまで、生の証言を聞くために、重要人物たちへの接近を試みた。

[PR]

映画詳細データ

英題
GOING TO PIECES: THE RISE AND FALL OF THE SLASHER FILM
製作国
アメリカ
配給
  • ムービーアイ
カラー
(シネセゾン渋谷)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]