シネマトゥデイ
18歳以上がご覧になれます

レディ・チャタレー (2006)

2007年11月3日公開 135分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レディ・チャタレー

見どころ

イギリスの文豪D・H・ロレンスの代表作にして、赤裸々な性表現が日本でも裁判ざたとなった問題作を21世紀の新解釈で完全映画化。監督は『a.b.c.(アー・ベー・セー)の可能性』の女性監督パスカル・フェラン。下半身不随の夫を持つ一方、森番の男と肉体を重ねる主人公チャタレーを『みなさん、さようなら』のマリナ・ハンズが演じる。徐々に惹(ひ)かれ合っていくチャタレーと森番の愛の軌跡を、美しい森の風景と呼応させながら官能的に描くフェラン監督の手腕が見どころ。

あらすじ

美しい人妻のチャタレー(マリナ・ハンズ)は、戦争で下半身不随となった夫クリフォード・チャタレー卿(イポリット・ジラルド)との生活に息詰まりを感じていた。ある日、邸内の森へ散歩に出かけたコンスタンスは、猟番のパーキン(ジャン=ルイ・クーロシュ)と出会う。そのうち、彼女は毎日森へ通い詰め、パーキンとの時間に楽しみを見出し始めるが……。

[PR]

映画詳細データ

英題
LADY CHATTERLEY
製作国
フランス
配給
  • ショウゲート
カラー/ビスタサイズ/SRD/R-18
(シネマライズ ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]