シネマトゥデイ

屋根の上の赤い女 (2007)

2007年9月15日公開 30分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
屋根の上の赤い女

見どころ

文具卸会社で働く孤独な男女が繰り広げる逃走劇を描く短編映画。監督はぴあフィルムフェスティバル2005で、『トロイの欲情』が準グランプリに輝いた岡太地。主演は『松ヶ根乱射事件』でどうしようもない双子の兄を演じた山中崇と、関西では京阪電鉄のイメージガール「おけいはん」としてなじみの深い神農幸。逃亡しながらしだいに変化していく2人の距離感に、スリルと期待感が交差する。

あらすじ

文具卸問屋でアルバイトを始めた護摩(山中崇)は、真っ赤なコートの似合う西山(神農幸)のことが気になっている。しかし、内気な彼にとって彼女との距離を縮めることはたやすくはない。ある日、西山の起こした小さなミスがきっかけで、職場をあげての大乱闘へと発展。西山と護摩は乱闘の最中、2人で逃げることに……。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
プロデューサー
脚本

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 株式会社ロサ映画社
カラー
(シネマ・ロサ)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]