バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び (2005)

2007年12月15日公開 118分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び

見どころ

20世紀初頭のパリに始まり、一度は解散した伝説のバレエ団“バレエ・リュス”の再生の歴史を追うドキュメンタリー。20世紀のあらゆる芸術とエンターテインメントに影響を与えたバレエ・リュスの知られざる軌跡を、かつてのダンサーたちへのインタビューなどを交えながらひも解いていく。監督はドキュメンタリー作品でエミー賞に輝いたこともあるダニエル・ゲラーとデイナ・ゴールドファイン。初公開となる貴重なアーカイブ映像の数々も見どころ。

あらすじ

1929年、天才興行師セルジュ・ディアギレフ率いるバレエ団バレエ・リュスが、彼の死とともに解散。しかし、1931年、ロシア人のド・バジル大佐とフランス人でモンテカルロ劇場の監督だったルネ・ブリュムがバレエ・リュスの再建を宣言し、ディアギレフの最後の振付師ジョージ・バランシンを芸術監督に、新しい才能の発掘を始める。

[PR]

映画詳細データ

英題
BALLETS RUSSES
製作国
アメリカ
配給
  • ファントム・フィルム
カラー/モノクロ/ビスタサイズ/ステレオ
(シネマライズ ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]