シネマトゥデイ

ジャーマン+雨 (2006)

2007年12月15日公開 71分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジャーマン+雨
(C) 横浜プロ

見どころ

不細工で強引、天涯孤独とあらゆる不幸を背負った16歳の少女が、パワフルに疾走するさまを描いた異色作。強烈なインパクトを放つヒロインを、山下敦弘監督や本田隆一監督の作品などで注目を集めた新人、野嵜好美が好演する。監督は、本作が劇場初公開作となる期待の新星、横浜聡子。ヒロインよし子をはじめ、放火歴のあるドイツ人、くみ取り屋の変態オヤジなどクセのあるキャラクターが次々に登場し、唯一無二の世界を作り出している。

あらすじ

植木職人見習いのよし子(野嵜好美)は学校にも行かず、ボロ家に住み、周囲からは「ゴリラーマン」とののしられる天涯孤独な16歳。おまけに不細工でわがまま、他人からみれば不幸そのものだが、彼女は決してうつむかない。歌手を目指し、たて笛でオリジナル曲を作るよし子は、近所の子どもたちを相手にたて笛教室を始める。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • リトルモア
カラー/DV
(ユーロスペース ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]