シネマトゥデイ

マリア・カラス 最後の恋 (2005)

2008年1月26日公開 117分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マリア・カラス 最後の恋

見どころ

豊かな歌唱力と表現力で頂点を極めた、20世紀最高のオペラ歌手マリア・カラスとギリシャの海運王アリストテレス・オナシスの愛と憎しみに満ちた関係を描くラブストーリー。『愛の神、エロス』の美人女優ルイザ・ラニエリが真実の愛を求めて生きたカラスを熱演。『ガンモール/おかしなギャングと可愛い女』のジョルジオ・カピターニが監督を務めている。劇中を彩るオペラの名曲や1960年代当時のセレブ・ファッションも見どころ。

あらすじ

実業家のメネギーニ(アウグスト・ザッキ)に見い出され、地味な女性から人気オペラ歌手へと変ぼうをとげたマリア(ルイーザ・ラニエリ)。やがてメネギーニとマリアは結婚し、トップの座を守るべく二人三脚を続けるが、無一文から身を興して世界一の富豪となった海運王オナシス(ジェラール・ダルモン)がマリアの心を奪う。

[PR]

映画詳細データ

英題
CALLAS E ONASSIS
製作国
イタリア
配給
  • ヘキサゴン・ピクチャーズ/シナジー
カラー
(シャンテ シネ ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]