シネマトゥデイ

ファーストフード・ネイション (2006)

2008年2月16日公開 108分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ファーストフード・ネイション
(C) 2006 RPC Coyote,Inc

見どころ

エリック・シュロサーのノンフィクション小説「ファストフードが世界を食いつくす」を、『ビフォア・サンセット』のリチャード・リンクレイターが映画化。大手ハンバーガーチェーンにかかわる人々にスポットをあてながら、ファーストフード業界の内幕を暴いていく。キャストにはイーサン・ホークや『そして、ひと粒のひかり』のカタリーナ・サンディノ・モレノなど、豪華スターが結集。観る者に疑問を投げかける、衝撃かつリアルなストーリーが見どころだ。

あらすじ

大手ハンバーガーチェーン、ミッキーズのマーケティング部長ドン(グレッグ・キニア)は、パテからの糞便性大腸菌検出の報告を受け、調査のためコロラドの工場へ。一方そのころ、密入国したメキシコ人シルビア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)の夫ラウル(ウィルマー・バルデラマ)は、ミッキーズと契約する精肉工場で働き始める。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
FAST FOOD NATION
製作国
アメリカ/イギリス
配給
  • トランスフォーマー
  • ザジフィルムズ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD
(ユーロスペース ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]